赤ちゃんと常に一緒にいたい柴犬の行動が裏目に出ました
2024/04/22

柴犬が常に赤ちゃんのそばにいたいという行動が、逆効果になったというニュースが話題になっています。ある家庭で、柴犬が赤ちゃんのベッドで寝ていたところ、赤ちゃんが窒息してしまいました。獣医師によると、柴犬は赤ちゃんの寝床を温めるためにそばにいた可能性があります。柴犬は赤ちゃんの存在を気にかける心優しい犬種であるが、人間の赤ちゃんの安全を確保するためには、適切な距離を保つことが重要です。飼い主はこの件を教訓とし、ペットと赤ちゃんを安全に共存させるための対策を講じるべきだと呼びかけています。

AD
記事
速報