橋本環奈、今後の活躍の場は“無限大”!NHK紅白初司会に絶賛の声止まらず「「本当の勝ち」は環奈」「初司会とは思えんだろ」
2024/03/04

広告

昨年末の「第73回NHK紅白歌合戦」では、女優の橋本環奈さんが司会を勤め、その進行振りが大きな賞賛を受けている。約4時間半にも及ぶ生放送を切り盛りした橋本さんの司会進行の緩急や表現に、多くの視聴者やネットユーザーから感心の声が寄せられている。一部からは、彼女が司会という新たな一面を見せたことへの驚きや、初めての司会だとは思えないほどのスムーズな仕切りぶりについての称賛もあった。

これまでのNHK紅白歌合戦では、注目の俳優が司会を務めることがあったが、大抵の場合、プレッシャーが影響して本来の実力を十分発揮できなかった。例えば、2018年末の司会者である広瀬すずさんは、20歳での大役を果たす中、緊張からカンペを読み上げる姿が目立ち、また、アーティストの名前を間違えるなどの失敗もあった。

しかしその一方で、橋本さんは楽しそうに番組を進行させており、その姿が印象的だったという。バラエティ番組で見せるような自然体の表情や、ダンスを懸命にこなす様子からも、彼女が司会者として活動する一方で女優としての視点も持ち合わせていたことがうかがえる。橋本さんのこうした姿勢は、今後の活動の幅を広げるきっかけとなると期待されている。

広告

AD
記事
速報