笑点出演者たちが巻き起こした驚愕の出来事10選【降板、逮捕、自殺】
2024/03/25

広告

長年にわたり、日本の家庭に笑いと温かさを届け続けてきた「商店」は、放送開始から60年近く経つ国民的長寿番組です。日曜日の憂鬱な気分を晴らし、多くの人々に愛されてきました。初回放送から今日に至るまで、多くの変遷を経ても、その心温まる雰囲気は変わりません。今回は、そんな「商店」のメンバーの中でも特に注目されている人物たちに焦点を当て、紹介していきます。

桂宇さんは、番組初回からその舵を取ってきた落語家で、5代目司会者として「商店」に深い印象を残してきました。彼の番組への貢献は計り知れず、「商店のミスター」と称されるほどです。2016年、番組を離れることが発表された時、多くのファンと共演者がそのニュースに驚きました。

桂宇さんと富子さんの結婚は1957年に遡ります。二人は近所に住む家族の反対を乗り越え、結婚しました。桂宇さんへの尊敬と愛情は、富子さんが彼の番組卒業を受け入れる強さの源泉となりました。

林や三平さんは、5年7ヶ月にわたって「商店」のレギュラーメンバーとして活躍しましたが、2021年12月に番組を卒業しました。彼の卒業理由は、自身の成長と座布団10枚の獲得を目指す修行のためであり、将来的な復帰も示唆しています。

一方、菊王さんは2024年3月末に「商店」からの幽体を発表しました。長年にわたり番組を支えた彼の退場は、多くの議論を呼びましたが、後継者選びについての話はまだ明確ではありません。

広告

そして、春風艇一之助さんが「商店」の新メンバーとして加わる可能性が浮上しています。日本テレビの正月特番での登場が注目され、彼の今後の活躍が期待されています。

「商店」はこれからも変わらぬ温かさと笑いで、日本の日曜日を彩り続けるでしょう。メンバー一人ひとりが番組に与える色は異なりますが、その絆と愛情は時を超えて伝わってきます。

広告

AD
記事
速報