家が貧乏で中学卒業後、すぐに働きに出た。同級生とご飯に行き無知な俺『オムライスとごはん』すると、友人が…
2023/06/07

広告

中学卒業後、すぐに働きに出たのは、家が貧乏だったからだ。友人とご飯に行った際、メニューの漢字を読めなかった俺。注文したのは、一つだけ読めたカタカナで書いてあった「オムライス」と「ごはん」だった。店員が固まり、笑い声が聞こえたが、それでも友人が同じ注文にしてくれた。無知な俺に対して「うまかったな」という言葉と「仕事がんばれよ」というエールをくれた。今でも親友のその言葉に、俺は感謝している。

広告

AD
記事
速報