平気で無断駐車する迷惑車に仕掛けた復讐…スカッとしたと話題に…
2024/03/26

広告

違法駐車は社会的な問題として、長年にわたり解決が求められてきました。特に私有地や駐車禁止区域に無断で停車する行為は、所有者に多大な迷惑をかけるだけでなく、時には緊急車両の通行を妨げる可能性もあります。そんな中、ある人物が独自の方法でこの問題に対処した話が話題となっています。

この人物は、自宅近くの空き地を継承していましたが、その地は違法駐車の常習地点となっていました。警察に通報しても効果は一時的で、違法駐車を繰り返す車両が後を絶ちませんでした。そこで、彼はある計画を実行に移すことにしました。最初の一週間は、出入り口に通常のカラーコーンを設置しましたが、これが車によって容易に跳ね飛ばされることは予想通りでした。

次に、カラーコーンの内部にセメントを詰め、さらには出入り口付近をセメントで舗装するという施策を講じました。その結果、違法駐車を試みた車はコーンを跳ね飛ばそうとしてフロントを大破し、未乾燥のセメントにはまり動けなくなりました。この状況を見て、「敷地に無断で侵入された」として警察に通報しました。

警察への説明では、「カラーコーンが風で飛ばされないように錘を入れた」と述べ、結果的に違法駐車した車両のドライバーには被害届を提出し、示談にも応じませんでした。この行為は、ネット上で大きな話題となり、「すかっとする」という反応や、違法行為に対する「自業自得」といった意見が寄せられました。

この一件は、違法駐車に対する一つの警鐘として、多くの人々に共感を呼びました。私有地への無断侵入や公共の場の秩序を乱す行為は、社会全体に迷惑を及ぼすものです。違法駐車をなくすためには、さらなる意識の向上と法律の遵守が求められます。

広告

AD
記事
速報