持病に苦しでいる女子高生が優先席に座った結果、老人が激怒…「お前の座るところじゃない!」
2023/06/05

広告

女子高生が持病で苦しんでいた際、優先席に座ったところ、老人に激怒されたという。その理由が話題となっている。女子高生は脳脊髄液減少症という持病を持っており、頭痛や目まい、倦怠感などを引き起こすため、優先席に座る必要があった。しかし、老人は学生が座る場所ではないと激怒し、彼女を傷つけた。優先席は年配の人だけでなく、ケガ人や体調不良、妊婦さん、障害がある人などが座れる場所であることを忘れず、見かけや年齢などで判断しないようにしよう。また、見えない障害を持っている人たちに配慮をするための障害バッジも存在しているので、周囲の人たちはそういった意識も持ちましょう。

広告

AD
記事
速報