田原俊彦の言葉に涙腺崩壊… 知られざる研ナオコの病魔とうつ病の真相とは
2024/03/04

広告

歌手の研ナオコさんは舞台公演中に転倒し、右大腿骨頸部を骨折しました。最初は全治3ヶ月と診断されていたが、自身の意志でスピード復帰を果たし、リハビリに頑張っています。彼女は骨折中の人々にエールを送り、自分のペースで頑張ることを助けとなるメッセージを発信しています。

研ナオコさんは甲府市での舞台公演中に転倒し、骨折してしまいました。病院で診断を受けると、全治3ヶ月と言われましたが、彼女は舞台に立ちたいという一心でリハビリに挑みました。右大腿骨頸部骨折は痛みが強く、呼吸もできない状態であり、病院で手術を受ける必要がありました。術後にはリハビリを開始し、歩行器を使って歩く練習を行いました。

彼女はリハビリ中に歩行の難しさや苦労を経験しましたが、根気強く練習を続けました。最初は歩く方法が分からず、足を上げるだけでも痛みを感じましたが、リハビリの先生の指導の下で少しずつ進歩していきました。彼女は自身が骨折していることを他の人に知ってもらうために杖を使用し、近くでウォーキングしている老人を応援しています。研ナオコさんは高齢の人々に骨折のリスクについて注意する 呼びかけています。

広告

AD
記事
速報