【衝撃】『ヒルナンデス』河北麻友子、生放送中にまさかの事態!SHELLYの機転が光る神対応に視聴者感動!
2024/05/24

2023年3月31日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、衝撃的な出来事が起こった。リモート出演していた河北麻友子が、番組開始からわずか10分という、まさかのタイミングで、生放送中に席を離れ、スタジオは騒然となった。

番組冒頭、MCの南原清隆から「金曜三姉妹、宜しくお願いします」と紹介されたものの、スタジオには久本雅美、SHELLYの姿しかなく、河北の姿が見当たらない。

「どこいったの?」と一時スタジオが困惑する中、南原から「スタッフの人に聞いたら、トイレに行ったって」とのアナウンスが。すると、SHELLYは「おい、12時9分だぞ! まだ始まって10分も経っていない」と、鋭く指摘。

間もなくして河北が戻ると、SHELLYは「なんちゅータイミングでトイレに行ってんのよ、本番前に行っておきなさいトイレは! 生放送何年やってんのよ」と、ユーモアのある表情で絶妙なツッコミを入れ、スタジオは一気に和やかな空気に包まれた。

リモート画面越しに「申し訳ありません…」と小さくなっていた河北も、SHELLYの厳しくも優しい対応に、どこかホッとした表情を見せた。

この場面を見た視聴者からは、「SHELLYの機転がすごい!」

「さすがプロだと思った」「河北さんのフォローが完璧だった」など、称賛の声が続出。

SHELLYは、この状況を察し、最善の対処法で場を収めた。視聴者も、SHELLYの的確な対応に、安心感と共感を得たようだ。

全国の10代~60代の男女1,653名を対象に実施した意識調査では、全体で7割以上もの人が「さり気なく相手を気遣える人を尊敬する」と回答している。

SHELLYの行動は、まさに、この調査結果を体現していると言えるだろう。彼女は、ユーモアを交えながらも、河北を気遣う言葉を選び、温かい雰囲気を作り出した。

この出来事は、SHELLYの機転と優しさ、そしてプロ意識の高さを改めて証明したと言えるだろう。

AD
記事
速報