吉川晃司の白内障の病院や医師は?日本橋白内障クリニック赤星隆幸!
2024/03/07

広告

デビュー40周年を迎える吉川晃司さんは、2024年1月に両目に人工のレンズを移植する手術を受け、その手術を行った医師については須磨久善医師と赤星隆幸医師が関わっています。吉川晃司さんは昨年のライブ映像を確認した際、右目が開いていない状態に気づき、白内障の診断を受けました。狭心症の手術でも相談した須磨久善医師に再度相談し、今回も手術を受けることになりました。赤星隆幸医師は日本橋白内障クリニックや秋葉原白内障クリニックで名誉院長を務めており、吉川晃司さんの手術を行いました。

手術は成功し、視力は回復していますが、左目の状態が右目より深刻であることがわかりました。そのため、激しい運動を控えるように通告されています。赤星隆幸医師は1992年にフェイコ・プレチョップ法を開発し、日本で最も多くの白内障手術を行う医師の一人です。今回の手術で、吉川晃司さんは失明の可能性もある状況から脱出することができました。

吉川晃司さんは3月1日に「徹子の部屋」に出演し、手術の経過などについてお話する予定です。白内障の手術を成功させた赤星隆幸医師や手術を行った日本橋白内障クリニックについての情報も紹介されるでしょう。吉川晃司さんが40年間の活動や裏話、そして手術についてどのようなエピソードを語るのか、ファンにとっては見逃せない番組となりそうです。

広告

AD
記事
速報