車のエアコン、内気循環は危険!?外気導入との使い分け、燃費への影響、メリットデメリットとは?
2024/04/22

車のエアコンを使用する際、内気循環モードの危険性が指摘されています。内気循環モードでは、車内の空気だけを循環させるため、酸素濃度が低下しやすくなります。これにより、運転中の集中力低下や眠気の原因となる可能性があります。一方、外気導入モードを使用すると、新鮮な空気が取り込まれるため、酸素濃度が保たれます。ただし、外気導入モードを使用するとエアコン効果が低下し、燃費も悪化する可能性があります。メリットとデメリットを考え、状況に応じて使い分けることが重要です。

AD
記事
速報