服装が不潔でだらしなく、あまり好きになれなかった生徒。しかし少年の深い悲しみに触れた先生が取った行動が。。。。
2023/05/24

広告

服装が不潔でだらしなく、あまり好きになれなかった生徒がいた。しかし、その生徒が抱える深い悲しみに気づいた先生は、一人ひとりの生徒を大切にすることの大切さを感じました。先生が、少年と接する姿勢を変えたことで、少年も変わり始めました。先生が、少年に教えることだけでなく、自分自身を開放したことで、二人の間に一生忘れられない絆が生まれました。そして、その絆は十年経っても途切れることはありませんでした。生徒を救う存在であると同時に、先生も生徒に救われることがあることを、この物語は伝えています。

広告

AD
記事
速報