中学生が綴った『亡くした家族を思い出す方法』、読み終える頃に涙が込み上げると話題に…
2024/03/21

広告

13歳の中学生が書いた朝日新聞の記事「大切な『その人』を思い出す方法」という話題を提供します。この記事は多くの人々によって深く考えさせられています。この記事では「死」という誰もが関係するテーマについて触れられています。ぜひ最後まで読んでいただけると嬉しいです。 この記事を執筆した國井さん(13歳)は、自身が13歳の直前に最愛の人を亡くしました。その経験から、「顔や写真で記憶が保たれるかもしれないけれど、その人の口癖やしぐさ、愛情などは忘れてしまうのではないか」という不安が頭をよぎりました。しかし、彼はある答えを見出しました。思い出す方法は実は至るところにあったのです。 記事を読むとわかるように、國井さんが亡くした最愛の人は「お父さん」です。彼はお父さんを思い出すための方法を見つけました。「お父さんを思い出したいと思うことそのもの」が重要だと言います。その思いは、お父さんがどれだけ愛されていて温かい人だったかを改めて思い出すことに繋がると説明します。 誰もが直面する「死」について考える良い機会です。ぜひあなたも大切な人を思い出してみてください。

広告

AD
記事
速報