大会前にこの世を去った女子マネの思いを胸に、最後の夏に目指した甲子園!
2023/07/27

広告

夏の甲子園で繰り広げられる高校野球の「熱いドラマ」について紹介します。福岡県立古賀竟成館高等学校野球部の女子マネージャー、舟木あみさんが小児がんで亡くなりましたが、仲間たちは彼女の思いを胸に最後の夏に挑みました。舟木さんは大きな声で応援する女神のような存在でしたが、昨年夏の大会中に体調が悪化し、病気が発覚しました。仲間たちは彼女を甲子園に連れて行くことを誓います。舟木さんは最後まで諦めず、天国へと旅立ちましたが、部員たちは彼女の思いを背負って試合に臨みました。結果は惜敗でしたが、彼らの思いは必ず届いていたはずです。

広告

AD
記事
速報