【感動】矢田亜希子、長男の入学式での涙の理由…「成長が嬉しい反面、寂しさも」
2024/05/24

女優の矢田亜希子は、2013年に結婚し、2014年に長男を出産。その後、2018年に離婚を発表し、シングルマザーとして息子を育てている。

そんな矢田亜希子が、長男の小学校入学式の様子を公開した。

写真には、矢田亜希子と長男が写っており、2人とも笑顔でカメラを見つめている。しかし、矢田亜希子の目は潤んでおり、入学式で感動して涙を流したことが伺える。

矢田亜希子は、写真と共に、次のようなコメントを投稿した。

「息子が小学校に入学しました。あっという間だったなぁ…と、感慨深いです。

入学式では、息子が立派に成長した姿を見て、感動して涙が止まりませんでした。

でも、同時に、息子がこれから一人で学校に通い、少しずつ私から離れていくんだと思うと、寂しさも感じました。

これからも、息子が健やかに成長してくれることを願っています。」

この投稿を見たファンからは、

「感動しました。私も入学式で泣いちゃいました。」

「息子さんの成長が嬉しいですね。」

「矢田さんの愛情が伝わってきます。」

などのコメントが多数寄せられた。

矢田亜希子は、シングルマザーとして、息子を一人で育てる大変さを経験してきた。

しかし、彼女は常に息子への愛情を注ぎ、息子が健やかに成長することを願ってきた。

今回の入学式での涙は、息子への愛情と、成長を見守る喜び、そして、少しだけ感じる寂しさ、そんな複雑な感情が入り混じったものだったのだろう。

矢田亜希子の言葉は、多くの母親の共感を呼び、子育ての喜びと難しさ、そして母としての愛情を改めて感じさせてくれる。

これからも、矢田亜希子が息子と共に、どんな道を歩んでいくのか、注目していきたい。

AD
記事
速報