寝起きの柴犬が小声で喋りかけてきた どうした?
2024/04/20

目が覚めると、寝起きの柴犬が小声で喋りかけてきた。どうしたのかな?どうしたの?と近くで愛らしい声で話しかけられると、つい笑みがこぼれてしまう。柴犬は飼い主に何かを伝えようとしているのだろうか。しっぽを振りながら、鳴き声を上げたり興奮したりしている。すると、柴犬は飼い主の手をペロペロと舐める。その仕草に、飼い主は柴犬の愛らしさに包まれる。このような日常の風景こそ、柴犬との暮らしの魅力である。柴犬とのコミュニケーションは言葉ではなく、仕草や表情で行われる。柴犬との暮らしは、飼い主にたくさんの喜びと癒しをもたらしてくれる。

AD
記事
速報