認知症の母親を殺害した息子…裁判官も号泣した事件の真相が話題に
2023/07/23

広告

2006年に京都で起きた無理心中事件で、息子が認知症の母を殺害したことが初公判で明らかになりました。母の介護に悩んでいた息子は生活苦に陥り、自分も自殺を図ろうとしましたが、命だけは取り留めました。裁判では被告の背景や被害者の心情が考慮され、2年6ヵ月の懲役刑に加えて3年の執行猶予がつけられました。しかし、その後の彼の人生は孤独で辛いものになりました。現在でも同じ立場にいる人々への支援について考え直すべきだと言われています。

広告

AD
記事
速報