【危険】エンジンの寿命を縮める危ない行為 8選
2024/04/18

エンジンに様々な負荷をかけることは、長期的にはエンジンの寿命を縮める可能性があります。エンジンの寿命を縮める危ない行為には、以下の8つが挙げられます。まず、冷間始動時の無駄なアイドリングや、エンジンの過剰な負荷をかける強制的なブースト操作などがあります。また、長時間の高速走行やギアを適切に選択しないなどもエンジンにとっては負担がかかります。更に、オーバーヒートやオイル不足、適切なメンテナンスの怠慢などもエンジンの寿命を縮める危険な行為と言えます。これらの危険な行為を避けることで、エンジンの寿命を延ばし、安全に車を運転することができます。

AD
記事
速報