犬嫌いなばあちゃんが最終日には別人レベルで柴犬達を溺愛してた
2024/04/20

最初は犬が苦手だったおばあさんが、最後の日にはまるで別人のように柴犬たちを溺愛していた。おばあさんは最初は犬を恐れていたが、次第に柴犬たちと触れ合うことで心が開かれていった。最終日には、柴犬たちと一緒に過ごす時間が楽しみで仕方がない様子だった。おばあさんが柴犬たちに食べ物を与え、撫でている姿はとても微笑ましかった。また、柴犬たちもおばあさんに懐いていて、お互いに愛情を感じる場面も多かった。おばあさんの心が柴犬たちとの触れ合いで変わっていった様子は、みんなに感動を与えた。おばあさんの優しい笑顔と柴犬たちの可愛らしい姿が、最後の日を特別なものにしてくれたのだろう。

AD
記事
速報