松居直美、涙の告白…「お母さんのような存在」故・和田アキ子さんとの知られざる絆
2024/05/23

先日惜しまれつつこの世を去った歌手の和田アキ子さん。その訃報は、多くの芸能関係者、そしてファンに深い悲しみを与えた。そんな中、タレントの松居直美さんが、和田さんとの知られざるエピソードをテレビ番組で涙ながらに語り、話題となっている。

番組内で、松居さんは和田さんを「お母さんのような存在だった」と表現。二人が出会ったのは、松居さんがまだ駆け出しの頃だったという。当時、芸能界の右も左も分からなかった松居さんにとって、和田さんの存在はまさに“太陽”のようだったという。

「初めてお会いした時、体が震えるほど緊張していたんです。でも、和田さんはそんな私にも気さくに話しかけてくださって…」。

和田さんは、松居さんのことを「直美ちゃん」と呼び、いつも優しく見守っていたという。時には芸能界の厳しさを教え、時には温かい言葉で励まし、松居さんは和田さんを心の支えとしていた。

番組では、二人の微笑ましいエピソードも披露された。ある時、松居さんが仕事で悩んでいた時のこと。落ち込む松居さんを心配した和田さんは、自宅に招き、手料理を振る舞ってくれたという。「直美ちゃんは頑張り屋だから、たまには休まないとダメよ」そう言って、和田さんは松居さんの手を優しく包み込んだそうだ。

「あの時の和田さんの温かさは、今でも忘れられません。まるで本当の親子のように接していただいて…」。

そう語る松居さんの目には、光るものが浮かんでいた。和田さんの訃報に際し、松居さんは自身のブログでも追悼のコメントを発表。「もっと和田さんと話したかった…」「和田さんのように強く、優しい女性になりたい」と、その悲しみを露わにしていた。

二人の深い絆は、多くの視聴者の心を打ち、番組放送後にはSNS上でも「松居さんと和田さんの関係、素敵だった」「涙が止まらない」といった声が多数寄せられた。

和田アキ子さんという偉大な存在は、もうこの世にはいない。しかし、彼女が残した愛と優しさは、松居さんをはじめ、多くの人の心の中で生き続けていくことだろう。 

AD
記事
速報