安藤美姫の娘の長年隠されてきた本当の父親が判明…凄すぎる人物に驚きを隠せない…「未婚」のままでいる理由に一同驚愕…
2024/05/23

2013年4月に第一子となる女児を出産し、シングルマザーとしての人生を歩み始めたフィギュアスケーターの安藤美姫さん。当時、父親が誰なのかを公表せず、世間を騒がせたことは記憶に新しいでしょう。その後、娘の父親について、様々な憶測が飛び交う中、安藤さんは沈黙を守り続け、7年もの間、その謎は深まるばかりでした。

しかし、2020年、突如として安藤さんの口から語られた真実。それは、あまりにも衝撃的なものでした。なんと、娘の父親は、あの世界的に有名なフィギュアスケートコーチ、ニコライ・モロゾフ氏だったのです。

「彼とは、私が現役時代から師弟関係にありました。厳しい指導を受ける中で、いつしか彼に惹かれていき…」

テレビ番組で、安藤さんは当時を振り返り、涙ながらに語りました。モロゾフ氏は、キム・ヨナ選手やエフゲニー・プルシェンコ選手など、数々のオリンピックメダリストを育て上げた名伯楽として知られています。安藤さんもまた、彼の指導のもと、世界選手権で2度の優勝を果たすなど、輝かしい成績を残しました。

しかし、二人の関係は、決して順風満帆なものではありませんでした。モロゾフ氏は既婚者であり、2人の間には大きな壁があったのです。

安藤さんは妊娠が発覚した後も、彼の立場を慮り、関係を公表することはありませんでした。

「彼には、守るべき家庭がありました。私が全てを明かすことで、彼の人生を壊してしまうかもしれない。そう思うと、怖くて…」

安藤さんの苦悩は、想像を絶するものだったでしょう。それでも彼女は、愛する人の子供を産み、一人で育てることを決意したのです。

娘の父親がモロゾフ氏だと判明した時、世間は驚きと同時に、安藤さんの決断に理解を示しました。「一人で抱え込んでいたなんて…」「彼女の強さに心を打たれた」など、多くの声が寄せられました。

しかし、新たな疑問も浮上しました。なぜ、安藤さんは今まで結婚という選択をしなかったのでしょうか?

「彼とは、今も連絡を取り合っています。でも、結婚という形にこだわる必要はないと思っています。大切なのは、娘が幸せに過ごせるかどうか。それが、私の願いです」

そう語る安藤さんの表情は、穏やかで、確固たる決意を感じさせます。世間体を気にすることなく、自分らしく生きることを選んだ彼女。その姿は、多くの女性たちに勇気を与えているのではないでしょうか。

これからも、安藤さんと娘さんの未来が、愛と笑顔で満たされていることを心から願っています。 

AD
記事
速報