かつては昭和天皇が宿泊された『大丸別荘』の山田真前社長が逝去 遺書に「自らの不徳の致すところ」
2023/05/02

広告

福岡県筑紫野市の老舗旅館『二日市温泉 大丸別荘』を運営する山田真前社長が亡くなった。同旅館でレジオネラ属菌が基準値の最大3700倍検出されたことが明らかになり、虚偽申告が発覚した。山田前社長は「入る人が少ないから湯を換えなくていい」と指示していたという。現場付近には「申し訳ない。すべては自らの不徳の致すところ」と書かれた、遺書と思しき手紙が見つかった。

広告

AD
記事
速報