成河の失言内容は?ねじまき鳥アフタートークで不適切発言が大炎上!
2024/03/07

広告

村上春樹の傑作長編『ねじまき鳥クロニクル』の舞台が再演されており、成河さんと渡辺大知さんが主演しています。しかし、11月14日のアフタートークで成河さんが不適切な発言をしてしまいました。成河さんは42歳で、法政大学出身の実力派俳優であり、数々の賞を受賞しています。彼は演技力が高く、作品の世界観も理解しているはずで、軽率な発言には驚いたことでしょう。失言内容は友人割チケットをすすめる際に「処女膜を破る音をみんなで聴きましょう」という発言だった。

『ねじまき鳥クロニクル』は村上春樹の代表作であり、性加害もテーマとして含まれている作品です。主人公の岡田トオルの妻マリコが非現実的な話をするシーンから、成河さんの発言が起因しています。アフタートークで友人割を勧める際に不適切な表現をしてしまった成河さんは、すぐに止められていますが、その場ではお詫びもせずにアフタートークは終了しました。観客やファンからはショックを受けた声が多く上がり、公式SNSや本人のブログでお詫びと反省が掲載されました。

成河さんは失言について「冗談めかして話していたが、意図は違った」とコメントしています。彼の言葉選びや口の回転の速さは高く評価されていましたが、この件で多くの人が驚きと憤りを感じたようです。もちろん、成河さんが失言したことは問題であり、公式SNSや本人の謝罪と反省が掲載されたことで、批判の声が収まったようです。彼はこの件を通じて、今後再発防止に努めるとしています。

広告

AD
記事
速報