彼の父が「本当にこいつでいいの?」と念押し。彼の母「私さん、実はこの子ね…」
2023/08/29

広告

彼からプロポーズされ、彼の実家を初めて訪れた時、彼の父親から「本当にこの子(彼女)で良いのか」と何度も確認された。彼は怒って父親が結婚に反対なのかと問い質した。母親は外に出て彼をなだめ、実は父親と彼も髪の毛が薄くなっていると説明した。母親は私がハゲに嫌悪を感じないか、将来的にも愛し続けられるか尋ねた。私は父親もハゲているので問題ないと答え、結婚を許可された。父親は涙目で「ハゲハゲ言う必要はない」と言った。

広告

AD
記事
速報