駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良い理由とは?
2024/04/22

車を停める際に、駐車場の車止めにタイヤを当てて停めるのは良くない理由があります。なぜなら、車を壊す可能性があるからです。車止めにタイヤを当てて停めると、車のボディやタイヤに傷がつくかもしれません。また、車止めの形状や素材によっては、タイヤが滑ってしまい車が移動してしまうこともあります。さらに、タイヤを当てて停めると違法 est parking である可能性もあります。そのため、駐車場の車止めにはタイヤを当てるのではなく、きちんと停めるべきです。例えば、車止めと車の間に適切な距離を保ち、ブレーキをかけるなどして安定した状態で車を停めることが大切です。

AD
記事
速報