田中真美子の空手道場はどこ?南大沢道場!世界チャンピオン輩出してた?
2024/03/16

広告

大谷翔平選手の妻である田中真美子さんが通っていた空手道場がどこだったのかについて調査が行われている。田中真美子さんは小学生時代に空手を頑張っていたとされ、現在は公表されていないが、極真会館 東京城西国分寺支部 南大沢道場に通っていた可能性が高いという。この道場は2023年に世界チャンピオンを輩出しており、田中真美子さんももし空手を続けていたら世界チャンピオンを目指せる選手になっていた可能性がある。

2013年、田中真美子さんが通っていた南大沢道場は世界チャンピオンを輩出しており、その中でも佐藤七海さんが輝かしい成績を収めている。佐藤七海さんは身長156cmであり、身長を活かしてスピード感のある戦い方をされている。田中真美子さんもバスケ選手として活躍するなかで、空手の基礎が役立っている可能性がある。

田中真美子さんは小学生時代から空手をしており、その経験が彼女の精神力と体力を鍛え、今の強さにつながっている可能性がある。極真会館 東京城西国分寺支部 南大沢道場に通っていた田中真美子さんの過去の空手経験が、今に生きている可能性もある。

広告

AD
記事
速報