新幹線の指定席で夫とぼんやりしていたら、若いカップルが「すみません…実は長い間立っています」私『それで?』→まさか...
2024/03/21

広告

新幹線の指定席に座っていた私と夫は、のんびりと景色を楽しんでいました。そんな中、若いカップルが私たちに声をかけてきました。「あの?実は…私達ずっと立っているんです。」彼らは少し困ったような顔をしていました。 私は最初は何を言っているのか理解できませんでした。「だから?何か問題があるのかしら?」と思わずに口にしてしまいました。すると彼らの顔が更に困惑の表情に変わりました。

若いカップルは言いました。「えっと、私たちは実はこの席を予約していたんです。だけど、他の人が座っているし、立っている時間が長いから疲れました。」 私は彼らの気持ちに共感しましたが、指定席だからといってすぐに座らなければならないというルールはないと思いました。私たちはちゃんと予約をして座っていたし、私たちも疲れていたのです。 しかし、私の言葉が彼らには届いていないようでした。

彼らはしょんぼりとした表情のまま、その場を立ち去ってしまいました。私は何か解決策を考えるべきだったのかと後悔しました。 新幹線の指定席でくつろいでいると、他の人々の状況に気を取られることがあります。しかし、私たちの予約した席で快適に過ごす権利もあるのです。もし以前に予約された席が他の人に使われてしまった場合は、適切な対応が求められます。ただし、指定席の予約だからといって、必ずしも座らなければならないというルールはないのです。

広告

AD
記事
速報