妻に拒まれ続けた男性、哀れな気持ちを先生に相談するも返ってきたのは痛烈カウンターだった……!
2024/03/21

広告

今回紹介するのは、読売新聞の人気コーナー「人生案内」で投稿された「スキンシップさえ嫌がる妻」という記事です。この記事では、長年夫婦関係が冷え切ってしまった相談者の男性が、別の女性との出会いで変化を感じるようになり、アドバイザーに相談するという内容です。

相談者の男性は15年間、妻から拒まれ続けていたことに不満を抱えています。彼は妻との関係が単なる同居人になりつつあると感じ、夫婦関係の修復を望んでいます。そんな中、40代半ばの女性と出会ったことで男性の生活に変化が訪れました。

この女性は離婚経験者であり、子どもを一人で育てているという背景を持っています。二人の関係は大人な関係ではありませんが、些細なスキンシップが男性に満足感を与え、彼は妻ではなくこの女性と一緒にいたいと思うようになっていきました。そうした苦しい思いを抱えた男性は、アドバイザーに相談する決心をしました。

しかし、相談内容は妻の非難ばかりで、優しい回答を期待していた男性はそうではない厳しい回答を受け取りました。このアドバイザーは、中学生から92歳までの幅広い年代の相談を受けてきた経験を持つ直木賞作家の出久根達郎さんです。

出久根さんはまず、妻から求められなくなった理由は信頼関係の欠如だと指摘しました。逆に信頼されれば自然に求められるようになると述べ、男性にはまず、妻に対する考え方を変えることを促しました。男性はこれまで自分が稼いだお金で妻を養っていたと考えていましたが、それは大きな間違いだと出久根さんは言います。妻が家を支えてくれたからこそ、男性は心配せずに働き、お金を稼ぐことができたのだと認識することが重要とされました。

広告

AD
記事
速報