お祖母さんに『年配の方には席を譲りましょうって習いませんでしたか?』と嫌味を言われた子供。この後子供が返した言葉に車内が凍りつく・・・!
2024/03/04

広告

おばあさんは電車の座席に座るために乗車した。満員の中、幼児が立っている様子を見て、おばあさんは思わず言ってしまったのだろう。しかし、その言葉には嫌味が含まれていた。 幼児はおばあさんの言葉に驚き、しばらく言葉を失ったようだった。だが、少し経ってから幼児は冷静な表情でおばあさんに対して返答した。 「人から親切にされたらありがとって言うって習わなかったか?」

その言葉はまるで冷たい風が車内に吹き込んだかのように、一瞬にして車内を凍りつかせた。おばあさんは口を開いても言葉が出てこないまま、固まってしまった。 周りの乗客たちも驚き、幼児の言葉に絶句していた。何人かは微かに笑いを堪える姿勢を見せていた。 しかし、すぐに一人の男性がゆっくりと手を叩いて笑い出し、他の人たちも次第に笑い始めた。車内は幸せな笑い声で包まれた。 その後、おばあさんは幼児に謝罪し、座席を譲った。幼児もおばあさんに礼を言って座席に座った。

これを見ていた他の乗客たちは、幼児の言葉が本当に素晴らしかったと感じた。その言葉には思いやりと教養があったのだ。 日本の文化では、お年寄りに席を譲ることや、人に親切にすることが大切とされている。

広告

幼児はまだ成熟していないが、その価値観を理解している様子が見て取れた。 車内の雰囲気も和やかになり、乗客たちも少しずつ会話を始めた。おばあさんに謝罪する前の言葉には、幼児の誠実さと正義感が感じられたのだ。

この出来事を通じて、乗客たちは互いに思いやりを持つことの大切さを改めて実感した。少なくともその日の車内では、幼児の言葉が伝えたメッセージが広まったのだ。 後にこの出来事はSNSなどで話題となり、多くの人たちが幼児の言葉に共感した。幼児の言葉は、私たちにとっての当たり前のことを改めて教えてくれたのだ。 そして、この出来事を経て、おばあさんも若干の反省をし、幼児からもらった教訓を胸に刻んでいった。

広告

AD
記事
速報