危険だけど伝統を守る為と組体操をやらせる先生、納得いかない中学生が完全論破してしまう
2024/03/21

過去に新聞に掲載された記事「不安だが伝統と言われ仕方なく」はとある学校で行われている組体操について取り上げています。この組体操は伝統行事として語り継がれており、生徒たちは危険を覚悟の上で行っていると言われています。しかし、その危険性について疑問が持たれており、生徒たちは不満を募らせています。先生からは「危険な種目なので、気を引き締めて行って下さい」との言葉があり、更に組体操を行う理由は「感謝を学ぶため」と語られています。しかし、これにも疑問が呈されており、世間からは組体操のリスクに見合う価値があるのか疑問視されています。

この記事により、組体操の伝統行事に対する疑問が浮上しています。生徒たちは危険を冒してまで組体操を行う必要性に疑問を抱いており、また、感謝を学ぶために組体操を行わなければならないのかという疑問も生じています。先生の言葉だけでは納得できない状況であり、組体操の伝統が本当に守るべきものなのか疑問が浮かびます。

一方、世間からは組体操のリスクに見合う価値があるのか疑問視する声も上がっています。命や怪我を負うリスクを負ってまで行う組体操は、教育ではなく単なる見世物であり、大人たちの見たがりで行われているとの指摘もあります。また、組体操を行うことによって感謝を学ぶことはできるのかという疑問も持たれています。世間からはこの疑問に共感する声も多く、組体操の伝統に対する疑問が高まっています。

AD
記事
速報