「新婚さんいらっしゃい」で血縁関係にある二人が子供をもうけた夫婦が登場。その裏には恐ろしい事情が隠されている…
2024/03/04

広告

桂三枝の司会を務める「新婚さんいらっしゃい」に、血縁関係のある夫婦が登場した。

彼らは元々付き合っていたが、妊娠をきっかけに結婚することになった。実は夫婦はいとこ同士であり、旦那さんのお母さんとお嫁さんのお父さんが兄弟であった。このような近親婚をする夫婦が実際に存在することに驚きを隠せない。

日本ではいとこ同士の結婚は認められているが、アメリカでは禁止されている。このような婚姻の特徴として、血縁関係が非常に近いため、共通の劣性遺伝子を持っている可能性が高くなり、遺伝病の発生率が上がるとされている。

ただし、全ての場合がそうではないため、遺伝病が起こる確率は通常の婚姻に比べて数パーセントほど高くなるに過ぎない。しかし、いとこ婚の場合は障害児の出生率が通常の結婚に比べて13倍も高まるというデータがある。これまでの事例からは、近親婚でも何も問題がなかったケースも存在するが、そのリスクは否定できない。

遺伝病を抱える子供の割合は、パキスタン系住民においては非常に高く、イギリスではパキスタン人が遺伝病の子供の約3分の1を占めている。近親婚は古代から行われてきた日本でも一般的だったが、現代でも存在することに驚きを覚える。

愛する相手に出会ったら、血縁関係があろうとなかろうと、幸せになりたいものだ。

広告

AD
記事
速報