ものまね新女王となった荒牧陽子の現在…干された理由と現在があまりにも・・・
2024/03/04

音楽的才能に恵まれた荒牧陽子さんは、幼少の頃からその才能を発揮していました。2歳で音程を取りながら歌い、3歳の頃には30曲もの歌のレパートリーを持っていたと言われています。小学校高学年から地元の歌のコンテストに参加し、次々と優勝・入賞を果たし、「コンテスト荒らし」の異名を取るほどの実力を持っていました。1997年5月18日には「NHKのど自慢」でチャンピオンに輝き、2001年2月18日には岡山市大会でもチャンピオンを獲得しました。

20歳で上京し、シンガーソングライターとして活動しながら、オーディションを受けるも合格せず、スタジオミュージシャンやコーラス、カラオケのガイドボーカルの仕事で生計を立てていました。大物アーティストのツアーコーラスを務め、ものまね歌手としてのデビュー前から高い評価を得ていました。

2011年7月19日に「スター☆ドラフト会議」でものまね歌手としてデビューし、平原綾香、倖田來未、坂本冬美、大塚愛、レディー・ガガなどのものまねで大きな反響を得ました。しかし、その後急速に姿を見かけなくなり、その理由が明らかになりました。

荒牧陽子さんは地方営業を拒否し、忙しさからストレスにより声が出なくなってしまったと言われています。

しかし、業界関係者の間では、彼女のタレントとしての資質に問題があったとの噂も広まっています。さらに、音楽プロデューサーとの不倫が発覚し、そのストレスが原因であるとも言われています。不倫略奪婚の末、裁判沙汰になり、これらの泥沼化した人生が原因でテレビから姿を消したとされています。

現在はディナーショーなどの営業活動を中心に日本全国で活躍しており、過去のものまね女王としての映像が流れることもあります。彼女の実力は文句なしのプロ歌手であり、地道な活動を通じて成功を収めることを願っています。

AD
記事
速報